病院へいき勃起障害の相談をしようと決心しても、どのようなことを聞かれるのかな、とドキドキしている人も多いのではないでしょうか。
病院や先生によっても診察内容が若干異なる可能性もありますが、大体は同じですので、診察の流れを紹介します。
事前に内容などを知っておけば、落ち着いて受け答えができるはずです。
準備もしっかりとしていけるので、診察もスムーズに終えることができるでしょう。
勃起障害の治療は保険がきかず、自己負担となりますので、1回1回の診察を大切にする必要があります。
せっかく診察を受けたのにあまり相談できなかった、ではお金も時間ももったいないですから気を付けましょう。
受付を済ませて問診に入ると、まずどの程度勃起障害なのかということを調べるためのチェックシートなどを渡されるでしょう。
間違いの内容に正確に答えていってください。
その後には検査があります。
しかし病院によっては血液検査など検査がない場合もありますが、なるべくある病院にいって徹底的に調べてもらう方が良いです。
しかし中には定期的に健康診断を受けている人もいて、病院に訪れる直前に受けたという方もいるかもしれません。
そういった方はその診断結果を持っていくことをお勧めします。
もしかしたらその結果をもとに勃起障害であるかどうか、判断してくれるかもしれません。
再度検査を受けずに済むので、お金の節約にもなります。
薬などを服用している方は、飲んでいる薬やお薬手帳などを持っていきましょう。
全てが終わってから検査結果が出ますが、治療方法も提案されるので安心してください。